So-net無料ブログ作成
検索選択

シャルトルへ [北フランスの旅]

IMG_3314.jpg
先ずは腹ごしらえ 朝ごはんは飛行機の中で食べたので5時半ごろ
お腹も減ってます~お店はこの二階だとか
IMG_3312.jpg
実は鍵がかかっていて みんなビックリ!
お店の方が開けて下さって入りました。貸し切り?
IMG_3310.jpg
IMG_3313.jpg
キッシュは美味しかった サラダ
この黄色いのはじゃが芋 そういえば最近コープ神戸でもフランス産のじゃが芋出てたなぁ
こっちのはこういう色が濃い分なんですねぇ
デザート写真撮り忘れているし チョコケーキだったよ
IMG_3315.jpg
今回お世話になっているバス
このバスはベルギーから来ているそうだけど 運転手のミシェールさんはパリっ子
ナンバープレートのブルーの部分の B はベルギーの意味だそうです
IMG_3316.jpg
ルーブルよ~また来るからね! で バスはシャルトルへ向かいました
イル・ド・フランスになるんですよね まあここまでの道のり・・・まわりは畑で 景色が変わりません
いいかげん満腹だし 眠気を誘うぐらい同じ景色の中を走って着きました
IMG_3317.jpg
向こうに見えるのが シャルトルのノートルダム大聖堂です
IMG_3318.jpg
右側の南の尖塔は12世紀の創建当時のもの ロマネスク様式 左側のは16世紀になって再建されたゴシック様式 正面のバラ窓は1216年頃のもの 最後の審判 建物は全体的にゴシック様式(南塔以外は消失)
IMG_3321.jpg
建物全体の説明を聞いている間に 後ろではこんな乗り物が・・・
観光用のバスらしい これはその後 あっちこっちで見かけました
IMG_3322.jpg
飛梁 これが考え出されてから 建物の壁が薄く出来るようになって ステンドグラスが入れられるようになった
IMG_3323.jpg
最後の審判のタンパン
中央がキリストで 秤で罪の重さを決める大天使ミカエルも
IMG_3326.jpg
大聖堂の裏は町を見下ろせる公園でした この並木の刈り方~なつかしい~
ヨーロッパの人ってまっすぐに切るの好きだよねぇ
IMG_3327.jpg
下の公園は学生達の憩いの場だとか・・・
IMG_3328.jpg
シャルトルの町並み
IMG_3329.jpg
奥の糖へ行くための通路だって
IMG_3331.jpg
これぞシャルトルブルーっていうのは撮れてないなぁ
でも これがたぶん一番それらしいもの
IMG_0070.jpg
こっちは母の撮影です 手振れ補正つきのカメラっていいなぁ・・・
σ(・_・)自分の腕前は棚上げ発言ですが
IMG_0071.jpg
中の撮影には向いてます
IMG_0075.jpg
IMG_0076.jpg
マリア像がありますよ と言われてました
ノートルダムとは 聖母マリアのことですし ここにはマリアのベールが保管されています(伝承)
この時も熱心に祈りをささげる人がいました
祈り終わるとマリア像の下に近づき 指先にしたキスを像の足にささげていました
IMG_3337.jpg
外に出ると 結婚式~♪
ここでも母は「あの頭・・・どうしたのでしょうねぇ」と 頭が気になる様子
(ー’`ー;) ウーン フランスは父と来たので 禿頭が懐かしい?
IMG_3340.jpg
観光案内所前の広場
IMG_3341.jpg
バス乗り場の前のフルーツショップ
では トゥールに向けて~出発 そこが今夜の宿です
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。